生協とは -長野県- コプセながの  コープの葬祭サービス コプセながの

生協とは

生協とは、暮らしを良くしたいという消費者の願いを、事業活動を通じて実現する、消費者の自主的な組織です。

生協は、生活協同組合の略称です。英語の協同組合(=co-operative union)から「コープ」とも呼ばれています。
もともと「コープ」は協同組合すべてをさす言葉で、農業協同組合や漁業協同組合も、広くは同じ協同組合の仲間ですが、普通「コープ」というと、消費者の協同組合=「生協(生活協同組合)」のことをさします。

協同組合は、農協や漁協も含めて、組合員が「出資・運営・利用」する組合員の組織です。生協は、消費者が、自分たちの求める商品やサービスを「利用」するために、「出資金」という資金を出し合い、組合員自身の声によって事業「運営」をおこなう、そんな協同組合です。

株式会社 コープサービス

 株式会社 コープサービス「コプセながの」の基幹、コープデリ事業連合(2017年コープデリ連合会に改称)は、1992年7月に設立、現在、

  • 生活協同組合 コープみらい
  • いばらきコープ 生活協同組合
  • とちぎコープ 生活協同組合
  • 生活協同組合 コープぐんま
  • 生活協同組合 コープながの
  • 生活協同組合 コープにいがた  の6生協の会員から成っております。 

 株式会社 コープサービスは、「組合員の生活を守り、地域社会の発展に貢献すると」いう趣旨のもと、1991年3月11日に設立致しました。
 葬祭サービス「コプセ」は、組合員に安心のお葬儀を提供すべく、2004年11月、コープとうきょう・さいたまコープの葬祭事業を統合しスタートしました。その後 2006年 とちぎコープコープぐんまの葬祭事業、2008年7月 いばらきコープ・ちばコープの葬祭事業と統合し、さらに2012年5月コープながのの葬祭事業がスタートとなり、現在に致ります。

2013年3月21日、コープとうきょう・ちばコープ・さいたまコープの3生協は合併し、コープみらいとしてスタート致しました。

コプセながの

コプセながのは、料金とその内容を分りやすく設定し、消費者の皆様に安心して利用していただける葬儀のトータルサービスです。
その大きな特長は、不明瞭な点をできるだけ排除するために、わかりやすい「セット料金」を設定したことにあります。
葬儀を行う上で基本的な葬具とサービスを「基本料金」とし、ご葬家様のお好みや事情に合わせ「追加料金」等でプランを固めるシステムです。
とかく不明瞭な点が問題視され、トラブルの多い葬儀の業界において、コプセながのでは、いずれも可能な限り、写真や金額を明示しております。
また、実際の葬儀だけでなく、コープの役割として、葬儀の学習会・展示説明会や法律相談、香典返し仏壇墓所工事・霊園紹介など、幅広くサポートしております。
いずれも当サイトより、詳細な情報が書かれた冊子等をお申込みいただけます。ただ今無料送付しておりますので、この機会に是非ご利用下さい。

TOPに戻る

前のページに戻る

コープデリグループ

葬儀・寝台自動車受付 年中無休24時間 フリーダイヤル 0120-756-120
(ご相談受付 9:00~18:00)
© 2006 ~ 株式会社コープサービス コプセ